ENTRY

評価制度

評価理念Evaluation philosophy

個人の成長を会社の成長につなぐ

社員個人が目的意識をもって技術者として、ビジネスマンとして成長していくことが会社の成長につながります。 それぞれが持つ個性・長所を生かしながら苦手な分野は仲間や組織のサポートを受けながら乗り越えることで、失敗を恐れず常に挑戦し成長が続けられる環境づくりを目指しています。

ヴァンテルシステムの評価サイクルEvaluation cycle

個々の状況に応じた目標設定

私たちの評価サイクルでは、まず最初に上長と話し合って それぞれの職位に応じた達成基準を参考に現在の自分が年度末時点で達成したい目標を 技術知識、業務知識、マネジメントの観点から多面的に設定します。

自己評価と上長評価

設定した年度目標は自分自身による達成状況評価を作成したうえで 上長と面談により自己評価の把握と上長から見たより優れていた点、不足していた点を加味して 最終的な評価が決定、フィードバックを受けます。 自分自身の頑張りをアピールするとともに、上長、別の視点から見た状況を理解することで より納得感をもってもらうことを大切にしています。

次年度の目標へ

フィードバックをそのままにすることなく改善点につなげるため、 次年度の目標を評価結果の延長線上として立ててもらいます。 このサイクルを繰り返すことで社員一人一人の成長を促しています。

ヴァンテルシステムの評価基準Evaluation criteria

高い成果を挙げた人には短期間での昇進も!

私たちの評価基準は若手スタッフから専門職、管理職に至る各職位に応じて要求水準を定めており、各年度の目標においてその要求水準を満たすような目標を設定して達成状況を評価しています。 スタッフの時期には業務上必要となる様々な知識や仕事のやり方の習得度合いなど与えられた仕事を理解し、きちんとこなす力を身に着けることに重きを置いて評価をします。 専門職、管理職ではより高度な知識やマネジメント力をもってプロジェクトを成功に導く成果に重きを置いて評価をします。