情報化計画立案支援

トップページ > 事業内容 > コンサルティングサービス >情報化計画立案支援

ハードウェア、ミドルウェアの老朽化やプログラム保守担当者の定年退職など、システムは一定のライフサイクルで維持が困難になる状況が生まれます。しかし業務とともに培われたプログラム資産、データ構造を変更する必要はないのに、ライフサイクルという判断だけでビッグバンによる膨大な金額のシステム投資を行っていませんか?

情報化計画立案支援ではお客さまの今のシステムに注目して、ただシステムを入れ替えるという選択肢とは一線を画し、お客さまの今ある資産を最大限に生かしながら事業の変化に対応するための仕組み作りをご支援します。

私たちは以下の観点から課題を洗い出し、机上の空論に終わらない着実に展開できる実行計画立案を実施します。
 1)既存資産を活用しながらライフサイクルによる投資を最小限に抑える
 2)その後のメンテナンサビリティー、保守運用コストを削減する
 3)予見できる将来のシステム構築に向けた最適な基盤を提供する


私たちのアプローチ

情報化計画立案支援では、お客さまの課題を解決するための取り組みを独自のアプローチで展開しております。

  • お客さまの情報システムに関わる様々な課題からありたい姿への仮説を立案
  • 仮説のテーマに応じて業務・データ・アプリケーション・技術基盤の軸で現状調査・分析
  • 調査結果からありたい姿に到達するために解決しなければならない課題を再設定し、目指す姿を最終化
  • 優先度、リソース状況から改善実行計画を立案
  • アフターフォローとして実行計画を推進するPMO支援、開発、運用改善サービスにてサポート

サービス内容はお客さま個々の課題、要件に応じて柔軟に対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。