運用改善支援

トップページ > 事業内容 > 運用支援サービス > 運用改善支援


システム稼働後に発生する数多くの障害や、その発生リスクを最小限にするための統制運用
クラウドやアウトソーシングによる外部化を図っても、事業運営を停止することなく円滑に進めるためには、責任と権限を持ったメンバーが定められた方針に従って適切な運用をしなければなりません。
私たちは数々の本番運用経験を有するメンバーがアプリケーションの障害調査から、内部統制の手続きを考慮したメリハリのある運用手順策定、実行に至るまで、お客さまのためにサポートいたします。

業務定着化支援

稼動後にシステム部で運用を引き取ったが初期不良が収束しない。 システム開発後に情報システム部ご担当者様による運用を始めても、初期不良やイレギュラーパターンの多発でシステムが安定的に動かない、というお悩みはないでしょうか?
私たちはコンサルティングのアプローチも含めて、システム・業務の両面から分析を行い、必要なマニュアル化、追加教育と合わせて高品質のアプリケーション保守対応も行います。

内部統制運用支援

Pマーク、セキュリティ対応、内部統制の運営で多くの時間がとられてしまう。 コンプライアンス意識が高まる中で、内部統制の維持運営に情報システム部のリソースが多く裂かれていないでしょうか?
内部統制では企業内のシステムに関わるリスクを軽減するために、各種マニュアルに従った運用を行い必要なエビデンスを保持、実績の開示を行っていく必要があります。 しかし多くの実情はルールのために本業業務以外の手続きが増えてしまっている状況です。

私たちはリスクコントロールの観点からルールに合わせた最小限の運用フローをお客さまと共に考え、システム運用にかかる業務負荷を軽減するお手伝いを行っています。



サービス内容はお客さま個々の課題、要件に応じて柔軟に対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。